三姉妹に学んだ幸せの法則

笑顔、感謝、幸せは自分次第で簡単に作り出せるもの。逆境こそ幸せがたくさん見つけれれる神様が与えてくださった必然的なありがたい経験。子育てをしながら自ら子供達から学んだノンストレス、笑顔あふれる幸せの法則。

三姉妹に学んだ幸せの法則

母の手は魔法の手

f:id:kaasan-3:20190407203043j:plain

北アルプス三俣蓮華岳、6月。この日の前日、雨の中心折れそうになりながら頑張って登ったご褒美のご来光だった。素晴らしいモルゲンロートに感動の涙が出た。

長女が中二の時に大きな腫瘍摘出の大手術を行った。
持ち前の、のほほーんとした大らかな性格で手術室へ堂々と歩いて入っていった、後ろ姿を見送りながら泣いた。今からこの子は私の味わったことのないような大きな壁に向かって行くんだ、、、逞しくも見えたし、変わってあげたい、切なくもあった。

 

5時間後くらいだったかな、HCU(高度治療室)に変わり果てた姿で戻ってきた。
酸素マスクをして管が沢山取り付けられ、青白い顔をして体が時折痙攣しているように見えた。もちろんまだ意識は戻らない、「よく頑張ったね!、ほんとよく頑張った!と手を握りながら言った。今でも鮮明に記憶に残っているあの場面、思い出すと涙が溢れ出す。絶対に私の一生分以上、この子は頑張ってる。

 

意識が戻らぬままだけど手を握る、娘の目から涙がスーーっと流れ落ちている。
なにか夢の中で感じてるのかな。

意識が戻る、手を離したら手をピクッとさせて手を握ってと意思表示をしてくれた。
まだ麻薬が効いていて痛みは感じないが辛そうだ、よく頑張った。
中二の娘と手をこんなに長い時間握らせてもらえるって幸せだなってふと感じた、年頃だしお出かけしたって手を握るってなかった。冷たい娘の手、頑張った!頑張った!ちゃんと生きている!色んなことを感じながら手を握った。

お母さんの手は魔法の手。

痛みや不安をほんの少し取り除いてくれる魔法の手。

それから三日間、お腹を半分以上切った痛みと耐える娘の手を握った、夜中も昼もいつでも手を出してきてくれる、少しでも手を離すと不安になったみたい。

山ばっかりのお母さんのゴツゴツした手、娘よりちっちゃなお母さんの手、
カサカサシワシワのお母さんの手、
でも子供にとっては一番の薬、『お母さんの手は魔法の手』

私の母の手、長女を出産する時に陣痛で泣きわめいていた私にとってやっぱり一瞬でも離して欲しくなかった
『お母さんの手は魔法の手』
だったな(笑)