三姉妹に学んだ幸せの法則

笑顔、感謝、幸せは自分次第で簡単に作り出せるもの。逆境こそ幸せがたくさん見つけれれる神様が与えてくださった必然的なありがたい経験。子育てをしながら自ら子供達から学んだノンストレス、笑顔あふれる幸せの法則。

三姉妹に学んだ幸せの法則

愛情の伝わり方と、子供と共に過ごす時間の長さはあまり関係ないと思うよ

f:id:kaasan-3:20190623164815j:plain

仙丈ケ岳より、日本で二番目に高い北岳と天の河。こんな景色を見せて頂けたことに感謝です。

以前にも似たような事を書いたんだけど、仕事が忙しかったりで子供と過ごす時間が短い事を気にしてる人多いから、そんな事関係ないって切に感じるのでまた書きたい(笑)(^^) 

www.kaasan.work

 親が忙しくて鍵っ子とか、学童とか、一緒に過ごす時間が多少なりとも少ないとか、気になるけど、愛情がちゃんと伝わってるなら気にしなくていい!!って声を大にして言いたい!!(笑)

 

だけど、他人は好きな事言ってくれるよね(笑)他人ぢゃなくても親族でも下手したら言ってくる。例えば、子供が可哀想!!、子供の事ちゃんとしてあげや!!、ちゃんと栄養あるもの食べさせてあげや!!、などなど(笑)

ほっといてくれ!!って言いたい(笑)

 

だって、一番考えて、一番頑張って、一番最善の方法だと決断を出したのは私。

それをとやかく言われたくない、言っちゃいけないね。少なくとも私は言わない。

 

過ごす時間の長さと、

子供の親に対する安心感、愛情の伝わり方、子供の幸せ度、子供の笑顔の量や質、子供の素直さ、これって全くもって関係ない!!って私は言い切れる。

 

うちの子供達はストレスは無いと感じる。少なくとも家では超リラックス。ほんわかのほほーんと三人で仲良くやってる。どこへ行っても言っていただける言葉、

「いつもニコニコ笑顔で癒されます。」「〇〇ちゃんの周りは良い世界です」

この手の言葉を頂く、もちろん三人とも。

 

学校でも外の世界でも楽しんでるんだなぁ、と感じる。

そりゃ、一番小さな世界の家の中の気持ちってそのまんま外に持っていくからね、バランス(^^)

 

うちは私が登山ガイドだから夏になるとあまり家に居ない、でも三人は頑張ってきてねーって笑顔で送り出してくれる。家のことちゃんとやっとくから安心してねーって言ってくれる。家に帰るとほんわかした雰囲気で迎えてくれる。

 

うちの真逆でお母さんが家に居ても目が寂しそうで意地悪ばっかりしてる子はとても多い。寂しいのか、親がうるさすぎるのか、愛情がちゃんと伝わってないのか、そんな感じなのかな?わかんないけど、多いよー、そんな子供。

 

だからね、過ごす時間の長さは関係ないと思うよ。

仕事が忙しいお母さん、大丈夫だよ!!大丈夫(^^)